在留カードは交付対象者が中長期在留者に限定されており、不法滞在者等には交付されません。

在留カードには在留資格等について常に最新の情報が記載されます。

就労制限の有無や資格外活動の許可を受けているときはその旨が記載されますので、在留カードを見ただけで就労の可否を判断できます。

不法就労の防止を強化する意図があったと考えられます。