日本人の配偶者等ビザを検討されていると思います。

この場合の養子は、普通養子ではなく、特別養子の場合になります。

特別養子縁組であれば取得できる可能性がありますが、ビザを取得するために縁組をするのではありません。

子の養育のために申請するものです。