在留資格の取消しは、在留外国人が偽りや不正手段によって上陸許可を受けた場合や、在留資格に基づく本来の活動を一定期間行わないで在留していた場合などに行われます。

在留資格が取り消された場合は、取り消し理由によって直ちに退去強制となるか、30日を上限として出国のために必要な期間が指定されて、期間内に自主的に出国することになります。
なお、指定された期間内に出国しなかった場合は退去強制の対象となりますし、刑事罰の対象にもなります。