例えば、技術・人文知識・国際業務などのビザで滞在していて、会社をリストラされたり、会社自体が倒産してしまった場合です。

その場合は、すぐに他の就職先が見つかればいいのですが、なかなか難しい時代背景です。

ビザについては、就職活動するためということで特定活動に変更するなどの方法があります。

個々の事情によって変わりますので、詳細は専門家にご相談ください。