申請自体は可能です。

短期滞在で日本に滞在中に、技術・人文知識・国際業務などに変更申請することは、よくあります。

 

しかし、リスクをお考えの上、申請をするようにしてください。

在留資格認定証明書交付申請の標準審査期間は、約3カ月です。

短期滞在の期限内に許可が下りなければ、一旦は帰国しなければいけません。

 

旅費等の負担が増え、つまりは二度手間になるリスクがあります。

急迫の事情がなければ、本国で認定証明書が下りるのを待ってから、来日をお考えになるほうがよいでしょう。

 

離れ離れで暮らしているご夫婦などが、短期滞在で来日して配偶者ビザへの変更申請をよく行います。

離れがたい事情があるからですが、この場合も上記と同様で、期限が切れると帰国する必要があります。