平成22年の法改正で、下記の新たな退去強制事由が加わりました。

  1. 他の外国人を不正に上陸許可等を受けさせる目的で、偽変造文書等の作成等を教唆・幇助する行為をした者
  2. 不法就労助長行為をした者
  3. 資格外活動の罪により禁錮以上の刑に処せられた者