まず、どのような就労ビザを申請して不許可になったのか、不許可の理由を検討します。

そもそも在留資格を取得できるような案件ではない場合は、他の在留資格該当性がないかどうかを調べます。

 

よくあるのが、在留資格で認められない単純労働業務で申請をして不許可になっているケースです。

日本は特定技能を除き、単純労働者を受け入れていない国です。

 

例えば、ホテルの清掃業や港湾の荷運びなどでは通常の在留資格が取得できません。

単純労働で外国人を雇用したい、日本で働きたい方は、特定技能ビザを検討してください。

 

在留資格に規定がある職種でビザが下りない場合は、本人の経歴等に問題があるケースがあります。

個別の判断になりますので、入管に提出した書類や不許可の理由書を持って、お近くの行政書士を訪ねるとよいでしょう。

 

その他、就労系のビザが無理であれば、身分系のビザを検討します。

就労ビザの相談