入国管理局のホームページを見ますと、各ビザについての必要書類が一覧になっており、書式についても掲載されています。

そのため、多くのケースでは本人が自分で申請できると考えて、本人申請をされます。

しかし、入管への申請は指示された通りに行っているだけでは不十分なことが多く、個別的事情に合わせて立証を付け加える必要があります。

そこに我々行政書士に依頼するメリットがあります。

どのような立証が必要で、どのような書類や資料を付け加えれば許可が得やすいのかを理解していますので、そこの専門性があります。

また、入管への申請書類は過去に遡って保存されていますので、一度提出した書類に不備があれば、後々の申請にまで影響する場合があります。