日本人と同じです。

企業秘密や社員などに関する個人情報に関する誓約書は必須です。

度々産業スパイが報道を賑わしますが、日本の技術を盗んで本国で利用して儲けようと考えている人は、考えている以上に多いと考えてください。

実際に、当方がご相談を受けた案件でも、元従業員が情報を盗んだケースがありました。

また、身元保証人に関しても、日本人と同様に立ててもらうべきです。

できるだけ、日本国内に居住している方が望ましいと思います。

何かの際にその方に損害賠償できるのはもちろんですが、他人に迷惑が掛かると考えることで抑止力になります。

ただし、実際に損害賠償する段階になった場合、全額を身元保証人に請求するのは難しいケースがあります。