留学生が日本の企業に就職が決まった場合、原則として本人が入管への変更申請を行います。

会社がサポートしたほうが間違いがないとは思いますが、本人任せにする企業が多いです。

中小企業などは在留資格に関するノウハウがない場合もありますし、そこまでの余裕がないことも多いでしょう。

 

変更申請は、翌年4月に就職が決まっている場合、概ね3か月前くらいから可能です。

ですから、前年の12月です。

 

変更申請は1~2か月の審査期間がかかりますし、入管の繁忙期には審査が延びることもしばしばです。

4月1日時点で変更許可が下りていないと働けませんので、なるべく早めの申請が必要です。

 

採用企業がサポートしてくれるならいいのですが、そうではない場合は、行政書士に相談されたほうが無難です。

変更許可に失敗して、就職ができなくなってしまっては、元も子もありません。