詳細ではありませんが、入管から送付されてくる通知の中に、理由は記載されています。

法律条文上の根拠がある場合は、条文を調べて理由を確認します。

理由が判明したら、再申請の際には反論及び証拠書類を提出することになります。

立証をきちんとしなければ、許可は取れません。

再申請は、初回の申請よりハードルは上がっています。