離婚協議や調停中にビザの更新期限が来た場合、協議の相手方である配偶者が身元保証人になってくれる可能性は低いと思います。

この場合は、他人に身元保証人を依頼するのが無難です。

入管に対しては、離婚協議や調停の経緯等を書面にして提出し、他人が身元保証人になるに至った状況を報告します。