1年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金となります。

悪質な場合は、3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金です。

もちろん、次の更新や一旦日本を出国した場合の再入国などについて在留資格を取得できなくなる可能性もあります。

申請自体はそれほど手間ではありませんので、忘れずに行っておきましょう。