離婚訴訟や調停中であれば、裁判所から証明書を発行してもらえますので、手続の際に入管に提出します。

まず、更新申請に問題はありません。

現在、協議中の場合は、それらの事情を書類で立証する必要があります。

例えば、最近多いのが夫からDVやパワハラがあったために離婚協議をしているといったものですが、それらの証拠、関係者の証言などを書面にして、入管の理解を得ることになります。

子供の証言などもあれば、よいでしょう。

重ねた立証が真実に足ると認められれば、更新許可は下ります。

もし不許可になっているのであれば、どこかに矛盾か虚偽があると疑われているのですから、さらに立証する他はありません。