よくあるケースです。

あまりに偽装が多すぎて、真の夫婦のビザまで不許可になる傾向があります。

結婚自体が疑われていますので、真に夫婦である旨を立証しなければなりません。

  1. 客観的に見て、夫婦として生活をしていると認められるか
  2. 婚姻に至る経緯を立証できるか
  3. 生活を営める程度の収入はあるか

など、自分で行った申請のどこに不備があったのか、疑われている点はどこかを見極めて、証拠を揃えてください。