建設業界の人手不足は、深刻な状況です。

日本人が採用できないため、日本で働きたい外国人を雇用したいというお気持ちは理解できます。

しかし、単純労働での採用は原則在留資格が取得できません。

 

とはいえ、現場では外国人労働者が増加しています。

留学生のアルバイト、技能実習生がほとんどでしょう。

「外国に特有の建築または土木の技能」を身に着けた者であれば、技能ビザの取得も考えられます。

その他は、専門職としての外国人の方を採用する方法もあるでしょう。