就労系の在留資格については、原則として大学卒業か日本の専門学校を卒業した専門士が必要です。

 

しかし、人文知識の在留資格においては10年以上の実務経験、国際業務においては3年以上の実務経験でも、在留資格を取得できる可能性があります。

ただし、上記の立証は勤めていた会社に証明書等を出してもらわなければいけません。

 

既に会社が倒産していたり、在職状況を疑われることも多いです。

 

経歴があれば、簡単に在留資格が取得できるというわけにはいきません。

 

まずは、経歴を立証可能かどうかを、検討してください。