日本で会社を設立し、ビジネスを開始するためのビザは、在留資格「経営管理」です。

経営管理は、業種、学歴・職歴を問いませんので、人気の在留資格です。

従来は、「投資・経営」と呼ばれていました。

 

ただし、500万円以上の投資か、日本人等の常勤雇用2人以上など、ある程度の資金を必要とします。

在留資格申請以外にも、法人設立、税務申告、社会保険加入など、各専門職への報酬も必要です。

その他、事務所賃貸、事務機器、店舗改装、備品購入などの資金は、もちろんです。

 

代表取締役になる方がが日本居住の方の場合は、上記要件を整えて、在留資格を申請します。

 

代表取締役になる方が外国居住の場合は、法人設立前に、4カ月のビザを申請することができます。

4カ月のビザを取って入国後、全ての要件を整えて、更新申請に臨む方法になります。

この場合、各資金拠出が事業開始間近か同時になるため、資金繰りが楽になります。

ですが、在留資格の更新がすぐにありますので、更新できるように勧めることが肝心です。