表題のご質問は、日本人が500万以上の出資をして、外国人の方を社長に迎えたいという趣旨です。

経営者として雇いたいケースです。

 

この場合、在留資格申請者自体は出資をしていません。

以前であれば、認められなかったケースです。

 

しかし、2015年4月より、経営者の出資がなくとも在留資格の許可が下りるようになっています。

 

ただし、簡単ではありません。

申請する外国人が経営等の能力を備えており、経歴などもあるかどうかが問われます。

 

当該会社の経営者としてふさわしい人物かを、厳しく審査されます。

出資していない分、審査は厳格になります。

 

事業計画書なども、きっちりと仕上げる必要があります。