端的に言えば、日本でビジネスや投資をする時です。

 

日本に在留するための検討をする場合は、まず身分系のビザが取れれば、一番に検討します。

配偶者、永住、定住ビザです。

上記が不可の場合は、就労系のビザを、次に検討します。

 

経営・管理は経歴等の要件は厳しくありませんが、やはりある程度の資金を投資しますし、リスクを抱えます。

技術・人文知識・国際業務や技能なども検討して、それらの要件を満たせない場合に、経営・管理の要件を考えてみるとよいでしょう。

 

日本での就職は無理だが、やはり日本でビジネスをしたい、投資したい等のケースです。

ここからは、

・500万以上の投資が可能か

・投資が無理なら、二人以上の常勤職員を雇えるか

などを確認します。

 

いけそうであれば、事業計画などをしっかりと練り、準備を進めてください。