短期滞在で来日して、そのまま日本の在留資格を取得したいと考えるケースがあります。

ビジネスのために日本を視察に来て気に入り、ビジネスを開始したくなる方は、稀にいます。

その場合、在留資格の変更申請をすることになりますが、上記の理由程度ではなかなか通りません。

変更申請をしなければならない特段の事情が必要です。

ですから、通常の事由では無理だと考えたほうが無難です。

一度、母国に戻って、在留資格認定証明書交付申請を行うべきでしょう。

なお、短期滞在中に、日本人と結婚したり、日本人の子が産まれた場合などであれば、特段の事情に該当する可能性があります。