我が国の英語教育が小学校から必修になったことから、英会話教室が盛況になっています。

ネイティブ講師を呼びたいとのニーズは、増えています。

ネイティブ講師を抱えているほうが、生徒が集まりやすいからだと聞きます。

 

在留資格は「国際業務」になりますが、

・学位があり、英語が母国語

又は、

・3年以上実務経験がある

・雇用契約で給与が日本人と同等

などの要件を満たしていれば、過去の経歴に問題がなければ許可の可能性が高いでしょう。

 

例えば、教える語学が母国語でない、給与が低いなどの状況であれば、許可の難易度が上がります。

 

最近、語学講師が違法でアルバイトや副業をしていたケースなどが摘発されていますので、入管の審査も慎重です。

一度、行政書士にご相談されてから申請されるほうが、無難でしょう。