まず、雇用の際には在留カードを必ず確認してください。

当該在留資格が御社の業務を行える内容になっているかどうかを確認してから雇用しなければ、不法就労になる可能性があります。

不法就労は事業者にも罰則がありますので、会社にも大きなダメージになります。

また、契約や労働条件はきちんと文書で示すことが、日本人の雇用以上に求められます。

日本と異なり、海外は契約文化です。