永住許可申請において、年収要件は非常に気になるところです。

外国人の方からのご相談でも、ご質問の多い項目です。

 

ネット上の噂では、年収300万以上なければ、許可されないと言われているようです。

しかし、あくまで噂にすぎません。

明確な基準がある訳ではありませんし、時々の入管の審査の厳しさによっても変わってきます。

 

実際に年収300万以下でも許可されたケースはあります

それよりも、現状の年収で生活が成り立っている、扶養者の状況などを立証することが肝心です。

 

年収も大事ですが、生活が成り立ち、永住して日本で生活できる旨を入管に示すのです。

 

ただし、非課税世帯は申請を控えたほうがよいでしょう。

というのも、日本国に納税していないので、日本への貢献度が低いと見做されます。

 

日本国の3大国民の義務、納税の義務を果たしている事実が弱いのです(もちろん、消費税等は納めていますが)。

今後、日本社会に貢献していける人材かどうかという点で疑問がつきますので、せめて納税をするようになってから申請してください。