I T 技術者を積極的に受け入れるため、在留資格「技術」に係る基準が緩和されています。

国家間の相互認証を条件に、一定の資格を有する場合又は試験に合格している場合には、「大学を卒業し若しくは大学卒業と同等以上の教育を受け又は10年以上の実務経験」を問わないとする措置を取っています。

日本国としては、優れたIT技術を持っている外国人を積極的に受け入れて、国内のIT関連企業の成長を促進したい狙いがあります。

実際、インドや他の国々から技術者が我が国に入国しています。