兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。

オーバーステイ等退去対象の外国人と結婚したケース

オーバーステイ等の退去対象の外国人と結婚しているケース

結婚したい相手が、オーバーステイ者や重大な法令違反に該当している場合です。

通常であれば、収監・退去、少なくともビザの更新は不可のケースです。

 

夫婦であっても、帰国すれば離れて生活しなければなりません。

 

この場合の選択肢は、

  1. 一旦、帰国して「在留資格認定証明書」の交付申請を行う
  2. 在留したままで、在留特別許可の申請を行う

以上になります。

 

どちらを選択するかは、個別の事情によります。

2を選択したほうが、夫婦生活を継続したままで、許可を得られますので最善かとも思えます。

 

しかし、事案によっては1を選択したほうが、入管の心証が良くなり、すんなりと認定証明書が交付されることがあります。

 

いずれにしても、申請から許可までは長期間を覚悟しておかなければなりません。

 

当方が手掛けたケースでも、半年から3年掛かったケースまで、さまざまです。

立証を重ねた数度の申請、長期戦を覚悟する必要があります。

ご相談は下記に

 

行政書士馬場法務事務所(immigration lawer office)


TEL :078-647-7103(9:00~20:00 日祝公休)

 

携帯:090-3943-9131

  メール:nrf49974@nifty.com(年中無休)

 

LINE ID:toshigyousei123

 

WeChat ID(微信号):wxid_0wlwfk40rs3712

 

初回相談無料・全国対応