兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。
TAG

神戸

  • 0件

Q 短期滞在で訪日していますが、配偶者ビザに変更できますか?

短期滞在で訪日して、日本人の配偶者ビザ等に変更申請はできます。 ただし、通常の認定証明書交付申請と同様、真に夫婦関係があるかどうかは、厳密に審査されます。 具体的には、二人の出会い、出会いから結婚に至る経緯、現在の生活、収入、日本での身元保証人などを総合考慮して許可・不許可が判断されます。 出会ってから結婚までがあまりにも短い、二人の付き合いに不自然な点があれば、まず不許可になります。 難易度が高 […]

  • 0件

Q 経営・管理ビザで滞在していますが、会社が赤字でビザの更新ができるか不安です。

経営・管理ビザで滞在している場合、会社が2年以上債務超過になっていると、事業の継続性がないと判断されてビザの更新は不許可になります。 そのため、債務超過を解消する必要がありますが、方法としては資本金の増額や経営者が会社に資金を貸し付けるなどを行います。 しかし、そもそも経営の見通しが立たない場合は付け焼刃になりますので、会社をたたんで別のビザへの変更も視野に入れるべきでしょう。

  • 0件

Q 就労ビザで滞在していますが、会社をリストラされました?

例えば、技術・人文知識・国際業務などのビザで滞在していて、会社をリストラされたり、会社自体が倒産してしまった場合です。 その場合は、すぐに他の就職先が見つかればいいのですが、なかなか難しい時代背景です。 ビザについては、就職活動するためということで特定活動に変更するなどの方法があります。 個々の事情によって変わりますので、詳細は専門家にご相談ください。

  • 0件

Q ビザ申請で不許可になりました。異議申立はできますか?

いいえ、できません。 法的な話になりますが、行政手続法の適用がない手続になりますので、不服申し立て等の手続保障がないのです。 そのため、再度の申請をするのが一般的です。 ただし、不許可になった場合の理由については、入管職員にもよりますがおおよそは教えてもらえます。 理由について十分に検討し、立証方法を考えてください。

  • 0件

Q 外国人ですが、住民票は取れますか?

平成24年7月以降、外国人の方も住民基本台帳に登録されるようになっています。 もちろん、住民票の取得が可能になっています。 それに伴い、住基カードも発行してもらうことができますが、カードの有効期限は在留期間の満了が原則で、永住者の方は10年となります。

  • 0件

Q 査証事前協議とは何ですか?

日本に入国するための手続を、外国(当人の母国)で行う手続です。 我々行政書士が関与することはほぼありません。 行政書士が主として扱うのは、日本の入管に外国人を入国させるための手続である、在留資格認定証明書交付申請です。

  • 0件

尼崎で帰化申請

尼崎市で帰化申請のご相談がありましたので、出張相談に行ってきました。 普段は事務所にお越しいただくのですが、少し体が不自由になられた高齢のご夫婦です。 なぜ今頃、と思う場合もあるのですが、これまでの人生の歴史をお伺いすると、やはり今なのだと思いました。 帰化のサポートをしていますと、それぞれの人生の歴史を学べ勉強になります。

  • 0件

Q 外国人を雇用する際の注意点は?

まず、雇用の際には在留カードを必ず確認してください。 当該在留資格が御社の業務を行える内容になっているかどうかを確認してから雇用しなければ、不法就労になる可能性があります。 不法就労は事業者にも罰則がありますので、会社にも大きなダメージになります。 また、契約や労働条件はきちんと文書で示すことが、日本人の雇用以上に求められます。 日本と異なり、海外は契約文化です。

  • 0件

神戸で帰化申請の研修

今日は午後から、行政書士会の帰化研修に参加します。 常に最新の情報を収集して見に着けることによって、依頼者様の帰化許可申請をスムーズにサポートできます。 また、他の先生がどのような申請サポートをしているかをお聞きすることで自身の業務の見直しにもなります。 独りよがりにならないように、日々の研鑽は大切です。

  • 0件

Q 法務局に帰化相談に行きましたが、許可は無理だと言われました

法務局に事前相談に行き、何らかの事情で申請をしても不許可になる旨を告げられたケースです。 そのまま申請しても許可されませんので、指摘された事情に対応する必要があります。 例えば、納税義務等をはたしていない場合は、申請前に過去に遡って納税します。 自営業者であれば、確定申告を遡って行うことになります。 まずは、指摘事項を吟味に、対処することです。