兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。
TAG

神戸市

  • 0件

Q 経営・管理ビザで滞在していますが、会社が赤字でビザの更新ができるか不安です。

経営・管理ビザで滞在している場合、会社が2年以上債務超過になっていると、事業の継続性がないと判断されてビザの更新は不許可になります。 そのため、債務超過を解消する必要がありますが、方法としては資本金の増額や経営者が会社に資金を貸し付けるなどを行います。 しかし、そもそも経営の見通しが立たない場合は付け焼刃になりますので、会社をたたんで別のビザへの変更も視野に入れるべきでしょう。

  • 0件

Q 就労ビザで滞在していますが、会社をリストラされました?

例えば、技術・人文知識・国際業務などのビザで滞在していて、会社をリストラされたり、会社自体が倒産してしまった場合です。 その場合は、すぐに他の就職先が見つかればいいのですが、なかなか難しい時代背景です。 ビザについては、就職活動するためということで特定活動に変更するなどの方法があります。 個々の事情によって変わりますので、詳細は専門家にご相談ください。

  • 0件

Q ビザ申請で不許可になりました。異議申立はできますか?

いいえ、できません。 法的な話になりますが、行政手続法の適用がない手続になりますので、不服申し立て等の手続保障がないのです。 そのため、再度の申請をするのが一般的です。 ただし、不許可になった場合の理由については、入管職員にもよりますがおおよそは教えてもらえます。 理由について十分に検討し、立証方法を考えてください。

  • 0件

尼崎で帰化申請

尼崎市で帰化申請のご相談がありましたので、出張相談に行ってきました。 普段は事務所にお越しいただくのですが、少し体が不自由になられた高齢のご夫婦です。 なぜ今頃、と思う場合もあるのですが、これまでの人生の歴史をお伺いすると、やはり今なのだと思いました。 帰化のサポートをしていますと、それぞれの人生の歴史を学べ勉強になります。

  • 0件

帰化か永住許可か

帰化と永住許可のどちらを申請するかを迷われることがあります。 帰化は国籍自体が変わりますので、意味合いは全く異なります。 永住許可は本国の国籍はそのままで、日本に永久に住み続けることができますし、更新もありません。 昨今は専門的人材など、人によっては永住申請の要件が緩和される流れです。 帰化は「日本人になる」という決意が必要ですが、永住のほうが心理的ハードルは低いように思います。

  • 0件

西宮・尼崎で就労ビザ相談

最近、阪神間の企業様から就労ビザのご相談が多くなっています。 今年度の人材採用があまり上手くいかず、来年度は日本人に限らず、外国人も含めて良い人材を採用したいとお考えの会社です。 年々、採用は厳しくなっていますので、海外に目が向くのも自然な流れだと思います。 当事務所はビザ取得や更新などの手続だけでなく、人材管理なども社労士と提携して行っております。 よろしければ、ご相談ください。

  • 0件

入管による判断の差

在留資格の申請業務をしていると、入管によって判断に微妙な差があるのを感じます。 人が審査して判断するのですから、当然と言えば、当然です。 ご相談者の申請が急ぎでない場合は、管轄入管を変更して申請するという方法もあります。 が、入管職員も入れ替わりがありますので、判断も変わります。 厳しい判断を下す入管が数年後には少し緩くなることや、判断が緩かった入管が急に厳しくなることなど、よくあることです。