兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。

就労ビザで日本人配偶者と結婚した場合のビザ

NO IMAGE

日本人との結婚

在留資格の変更申請

 

就労系の在留資格を所持して日本に滞在している者が、日本人と恋愛になり、結婚に至るケースはよくあります。

在留外国人の増加とともに、日本では国際結婚も増加しています。

日本人と結婚した場合、在留資格を「日本人配偶者ビザ」に変更しなければいけないと思うかもしれません。

が、特に必要はありません。

「技術・人文知識・国際業務ビザ」を所持して正当に滞在できますので、支障がなければそのままで滞在してください。

ただし、日本人配偶者ビザは、活動に制限がありません

在留資格にない活動を行いたい、転職したいような場合は、日本人配偶者ビザに変更するとよいでしょう。

日本で起業する場合でも、「経営管理ビザ」は要件が厳しいですが、日本人配偶者ビザなら資金要件などを満たさなくても、開業できます。

日本人配偶者ビザのメリットは大きいので、多くの方は変更申請するようです。

就労ビザから日本人配偶者ビザ申請をするポイント

日本人配偶者への変更許可申請

 

日本人配偶者ビザ申請のポイントは、大きく下記の3つです。

婚姻の実態

婚姻が真実のものかどうか、です。

偽装結婚が多いので、入管の審査は慎重です。

外国人の経歴

過去に法令違反などがあると、難しくなります。

が、既に就労ビザを所持している方は、まず問題ないでしょう。その際に、法令違反などの審査は済んでいるはずです。

また、日本人配偶者側の審査は基本的にはありませんが、身元保証人になりますので総合的に考慮されています。

そのため、日本人配偶者の法令違反歴なども、実際には審査されています。

生計が成立するか

婚姻後、二人の生計が成り立つかどうかです。

世帯所得が低ければ、生活が成立しないのではと、看做されます。

これも、就労ビザをお持ちであれば、ある程度の所得はあると思われるので、クリアできるように考えます。

扶養家族が多いなどの事情があると、難しくなります。

必要書類一覧例

日本人配偶者ビザ

日本人配偶者ビザの申請書類例

1 在留資格変更許可申請書

2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉

3 返信用封筒(定形封筒に宛先を明記の上,404円分の切手を貼付したもの)

4 配偶者の戸籍

5 外国人の国籍国の結婚証明書

6 日本人配偶者の住民税及び納税証明書

7 日本人配偶者の身元保証書

8 日本人配偶者の住民票

9 質問書

10 スナップ写真

11 その他