兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。

留学や家族滞在ビザのバイトを正社員にする場合の職務内容

アルバイト外国人を正社員

 

留学生や家族滞在ビザをお持ちの方は、資格外活動許可を取得してアルバイトに従事できます。

実際に多くの外国人が、日本でアルバイトをしています。

中には、真面目で一生懸命に勤務して、職場の上司や同僚たちから厚い信頼を得る方がいます。

日本でひたむきに努力する外国人の方の姿に、日本人従業員が触発されて仕事を頑張るようになるケースも、多々あります。

働きぶりの良い外国人アルバイトを、正社員にしたいと思うのは、当然の流れです。

日本人であれば何ら問題はありませんが、在留資格の問題を忘れるわけにはいきません。

そもそも、外国人の方を雇用できる在留資格該当性があるかどうかを、初めに検討してください。

技術・人文知識・国際業務ビザや技能ビザなど、該当する在留資格がなければ、雇用はできないからです。

雇用したとして、これまでの業務を継続できるか

外国人の職務内容

 

また、該当する在留資格があったとして、これまでアルバイトとして行っていた業務を、正社員登用後も継続できるかどうかは、別の問題です。

例えば、飲食店のホールスタッフのアルバイトをしていた留学生や家族滞在の外国人を正社員として採用した場合、正社員登用後は何らかの就労ビザに変更しています。

であれば、ホールスタッフを業務としてできなくなるのが原則です。

原則と申し上げたのは、特定活動や特定技能ビザ等で例外があるためです。

ですから、当該外国人はホールスタッフとして評価を受けていたのに、正社員登用後はその業務ができません。

少し矛盾しているようですが、我が国の外国人受け入れの基本は専門職ですから、専門職としての業務を行わなければいけません。

上記を知らずにビザ申請して許可を得たとしても、外国人本人は職務内容が変わりますし、事業者側も想定していた配置と異なる事態になります。

外国人雇用と在留資格は切っても切れない関係のため、採用前から専門家に相談することをお勧めします。