兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。

日本人配偶者と離婚した場合の在留資格

日本人配偶者としての滞在ならビザ変更が必要

日本人配偶者と離婚

 

日本人と結婚し、日本人配偶者ビザで滞在している外国人の方が、日本人と離婚した場合です。

上記の場合、日本人と離婚したら在留資格に基づく活動を行っていないことになりますので、日本での滞在を止めて本国に帰国するか、ビザの変更が必要です。

既に婚姻関係が破綻して、別居している場合も同じです。

不法滞在のまま、働き続けていることになります。しばらくは就労を継続できても、更新申請や変更申請で不利になることが予想されます。

なお、日本人配偶者ビザだから勤務できた職業に就いている場合は、転職や退職しなければなりません。

そもそも、日本に滞在できるビザを取得できるかどうかも、わかりません。

 

離婚時に日本人の子の親権や監護権を持つか、婚姻して日本での滞在歴が長ければ、在留資格「定住者」への変更が検討できます。

ただし、日本人の子を養っていけるだけの経済力(養育費等含む)、少なくとも3年以上の婚姻と日本滞在歴がなければ不許可になる可能性が高いでしょう。

要件を満たせそうか微妙な場合は、専門家に相談したほうが無難です。

就労ビザの方はそのままで

神戸で就労ビザ

 

日本人と結婚してもビザ変更せずに、元々取得していた就労ビザのままの方は、何もする必要がありません。

次回の就労ビザ更新の際に、いつもの通りに更新申請を行ってください。

日本人配偶者ビザとしての滞在ではないため、その活動要件を満たさなくなっても、何ら支障がありません。

もっとも、前述のように定住者ビザに変更できる可能性がある場合は、検討しても良いかもしれません。

というのも、定住者ビザも日本人配偶者ビザと同様、原則として活動に制限がありません

就職・転職の際に、活動によって職業を制限されませんし、副業やアルバイトなども自由にできます。

取得するメリットが大きいです。