兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。

外国人従業員の日本語能力を求め過ぎない

外国人従業員

 

経営者の方からの相談で、「なるべく日本語能力の高い外国人を雇いたい」というのは多いです。

たしかに、日本語能力が高ければ言葉の細部のニュアンスまで伝わりますので、コミュニケーションは円滑にできるかもしれません。

しかし、外国人に求める能力は、原則として外国人であることによる専門性でしょう。

例えば、母国の文化や教養、言語、人脈などです。

日本語能力を重視するのなら、そもそも日本人を雇用すべきです。

もっとも、介護や通訳など、高度な日本語能力を要する業務もあります。

介護や医療の現場や国際間の契約締結を支援する通訳などは、専門用語を理解できる日本語能力も必要です。

そのようなケースは、ケースバイケースになります。介護や医療現場であれば、危険のないように外国人の職域を限定するなどの配慮で、日本語能力の不足をカバーできる場合があります。

トラブルにも発展する

外国人の日本語

 

ある職場では、経営者が外国人従業員の日本語能力を求め過ぎ、事あるごとに外国人従業員に日本語の間違いを指摘していました。

それを見た他の日本人従業員も経営者の真似をするようになり、外国人従業員がいじめられていると認識し、大量に外国人従業員が退職してしまいました。

日本人側に悪気はなかったかもしれません。

が、仕事をしながら日本語の勉強も継続していくのは、かなりの負担です。しかも、日本語は世界的にみてもかなり難易度の高い言語と言われています。

日本に来る外国人の多くは、日本の文化や生活環境が好きで、世界で日本でしか話せない日本語を学習しています。

寛容な気持ちで、支援していくようにしてください。

前述のような人材流出となれば、業務が停滞するのはもちろん、社内の空気も悪くなります。