兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。

技能実習生から就労ビザへの変更

技能実習の目的は

 

技能実習生が日本の企業に就職して、就労ビザに変更したいとのご相談は、多いです。

技能実習生をしている方の働きぶりが良く、そのまま正社員として採用したいという相談や、技能実習期間を修了した後、雇用したいというご相談がほとんどです。

いずれにしても、許可申請の難易度は高めになります。

なぜなら、技能実習の目的は、日本での実習で見に着けた技術等を外国人が本国で活かすためです。

日本の技術等を、祖国の発展に役立ててもらうための制度です。

政策的に多額の公費がつぎ込まれています。

ですから、外国人の方がそのまま日本で働き続けることは、制度的に想定していません。

原則的には帰国して、企業に勤めたり、起業していただく他はありません。

難易度の高い申請だが不可能ではない

就労ビザへの変更

 

とはいえ、それでも当該外国人の方が雇用したいというケースもあるでしょう。

その場合は、ビザの変更申請を検討することになります。

ただ、前述の現在実習生である方を採用するのは、難しいところです。

許可の可能性があるのは、実習が修了した者か、過去に実習を修了した者になります。

概ね一旦帰国して1年以上本国で就労経験があれば、入管も許可を出してくれるようになります。

当事務所では帰国直後で在留資格認定証明書を取得した案件もありますが、立証には非常に苦労しました。

もっとも、現在であれば特定技能ビザの対象になっていれば、スムーズに変更できます。

また、日本人と結婚した場合の身分系ビザなどであれば、人道上の問題などで許可が得られる場合もあります。

が、あくまで例外的ケースと考えると、いいでしょう。