兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。

就労ビザ滞在中で永住者の配偶者になった場合

永住者の配偶者ビザ

 

技術・人文知識・国際業務ビザなど就労系ビザで滞在中の者が、永住者と結婚した場合です。

この場合に永住者の配偶者ビザに変更申請するかどうかが、問題になります。

基本的には日本人配偶者ビザと同様に、考えればいいと思います。

そのまま就労系ビザで滞在して問題がなければ、特にビザを変更する必要はありません

ただし、永住者の配偶者ビザも身分関係ビザで活動に制限がありません。

就労ビザが認められない仕事をしたい、副業をしたいなどと考えていれば、変更申請すればいいでしょう。

就労ビザで認められている活動以外のことを行うと不法就労になる可能性がありますし、活動内かどうかで悩むストレスがなくなります。

就労ビザから永住者の配偶者ビザ申請の注意点

就労ビザから永住者の配偶者ビザへ

 

結婚を証する書面は、永住者の本国で発行された婚姻証明書が必要です。

日本で届出をしていても、重婚防止の観点から、必ず提出します。

加えて、日本の婚姻届出受理証明書も提出します。

生計が成り立つかどうかを証明するために永住者の課税証明等を提出しますが、永住者の所得が低い場合は、配偶者の所得証明等も提出したほうがいいでしょう。

身元保証人は、永住者自身がなります。

あとは結婚が真実である旨の、写真やSNSでのやりとりなどを、添付することです。

日本にいる外国人同士の婚姻は、そもそも日本滞在について適法なビザをお持ちですので、難易度は高くありません。

なぜなら、日本滞在については適法と判断されているからです。