兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。

大学や専門学校中退の外国人を雇用する時

外国人面接

 

日本での就労を目的にしている外国人の中には、学校を卒業するまで待てない、途中で学校の授業などに飽きてしまう方がいます。

もちろん、全てがそうではありません。

経済的事情で学費を支払えなくなったなとの、事情もあります。

自社に、そのような学生から応募があった際には、どうすればいいのでしょうか?

まずは、大学や専門学校をきちんと卒業してから、再度応募するように伝えることです。

なぜなら、学校中退者の就労ビザへの変更は、非常に難易度が高いからです。

日本語学校から専門学校や大学まで卒業しているほうが、就労ビザ取得に有利ですし、就職においても有利でしょう。

日本人であれば中退者でも就職はできますが、外国人の場合はそうはいきません。

在留資格に該当しない恐れも

中退者の就労ビザ

 

また、専門学校や大学を中退してしまうと、そもそも在留資格該当性がなくなる可能性があります。

就労ビザ取得は、特定技能などの例外を除けば、大学卒業者か日本の専門学校卒業者に限られます。

そのため、日本の学校を中退すると、本国で大学を卒業して学位を証明できなければ、就職できないのが原則です。

あとは、学歴がなくても職種によっては3年、10年の実務経験があればビザが取れるかもしれませんが、多くの場合は立証が難しいものです。

入管の審査も厳しく、実務経験での申請は不許可が出やすいです。

若い留学生の場合は、一定の経験を積んでから来日する者は、稀でしょう。

不法滞在や在留資格取消の恐れ

不法滞在

 

学校を中退して3か月以上何もしなければ、在留資格が取消になる可能性があります。

留学ビザは、学生の活動を行うためのものです。

本来の活動をしていないためです。

在留資格の期限が残っていても、活動をしていない以上、有効ではありません。

大学卒業者や日本の専門学校卒業者が就職活動のために、特定活動に変更して日本に滞在できる場合があります。

しかし、これも「卒業者」に限られますので、中退すると適用がありません。

留学生の活動をしなくなって時間が経過すると、不法滞在になりますので注意してください。