結婚ビザ申請の際に必要になる書類例です。

あくまで一例で、個々に書類や添付資料などは変わります。

 

例えば、過去に法令違反などがある場合は、現在は真面目に、誠実に生活しているような立証書類を添付することがあります。

 

〇必要書類例(日本人配偶者が外国人配偶者を呼び寄せる)

1 在留資格認定証明書交付申請書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1通

2戸籍謄本等(婚姻事実の記載のあるもの)・・・・・・・・1通

※ 発行日から3か月以内のものを提出。

3 申請人の国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書・・・・・・・・・・1通

4 住民税(市民税・県民税)の納税証明書・・・・・・・・・・・・・・1通

※ 1年間の総収入、課税額及び納税額が記載されたもの

※ 発行日から3か月以内のものを提出。

5 身元保証書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1通

6 世帯全員の記載のある住民票の写し・・・・・・・・・・・・・・・・1通

※ 発行日から3か月以内のものを提出して下さい。

7 質問書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1通

8 スナップ写真(婚姻の事実に疑義を持たれている場合など。夫婦で写っており,容姿がはっきり確認できるもの)

9 写真(縦4cm×横3cm)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1葉

※ 申請前6か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。

※ 写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して下さい。

10 嘆願書(一度、不許可になった場合など)

11 その他(個別の事案によって、立証書類を検討)

 

ポイント1 書類は正直に記載する

正直に
配偶者を何としても日本に呼びたい気持ちは、理解できます。

一刻も早く、一緒に暮らしたいと思う気持ちも、愛があればこそです。

しかし、よくあるのがご自身たちに不利な情報を隠す、事実を曲げて記載することです。

これは、よくありません。

在留資格審査の過程で判明した場合、非常に入管の心証が悪くなります。

それよりも、ご自身たちに不利な事実を正直に打ち明けて、心から反省している旨を主張するほうが、よほど心証が良いものです。

日本で生活していくために好まれるのは、正直さ、品行方正さです。

素行が善良な方に滞在してほしいと思うのが、国家としては当たり前です。

ポイント2 真実の夫婦である旨を立証

婚姻が虚偽でない

別のページで、この在留資格は虚偽の申請が非常に多いと述べました。

そのために、真の夫婦であっても、虚偽と疑われて審査されることがあると考えておいてください。

虚偽だと疑われないように予め立証すれば、余計な手間が省けます。

また、不許可になるリスクも減らすことができます。

二人が愛し合っている、真の夫婦であるような立証書類を添付するなど、工夫して申請してください。

もちろん、添付書類など無くても、疑いを挟む余地がない場合もあるでしょう。