兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。

500万円以上の資金形成について

NO IMAGE

500万以上の資金形成の経緯を立証する

経営管理ビザを500万以上の資金投資で取得する場合は、その資金をどのように形成したのかを、証明する必要があります。

日本人が会社設立する場合には、特に必要がない立証ですから、ビザ取得のための証明になります。

法務省ホームページに必要書類としては記載がありませんが、申請後にほぼ間違いなく、入管から追加資料としての提出を求められます。

資本金として出資し、登記上の資本金が500万円以上あっても、ダメです。

その500万円が、どこから振り込まれたのか、一度で500万円が振り込まれたのか、コツコツと蓄えられたものなのかなどを、証明できる書類を保存しておかなければいけません。

タンス預金がいきなり出てきて、立証できる書類は何もないというのでは、いけません。

 

立証書類の例

よくある例としては、通帳の写しです。

資金が積みあがる過程がわかりやすく、自己資金である旨が想定されます。

加えて、給与明細や課税証明なども添付すればよいでしょう。

 

親などから資金援助してもらうケースも、あるでしょう。

その場合は、金銭消費貸借契約書、送金記録などが必要です。親の資金形成過程も、必要になる可能性があります。

融資や第三者からの貸借についても、同様です。

ただ、全額借入の場合は、借主に返済能力があるのかどうかも、審査されます。

 

贈与や現金持ち込みに注意

贈与を日本国内で行えば、贈与税の対象です。

また、現金を日本に持ち込む場合は税関への申告なども必要になります。