兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。

理由書記載のポイント

NO IMAGE

理由書とは

理由書の書き方

在留資格「日本人の配偶者等」において、理由書は添付書類として求められていません。何も問題ない夫婦であれば、添付は不要です。

しかし、事案によっては理由書を添付したほうが良い場合があります。

例えば、外国人配偶者に法令違反歴がある時です。

この場合、質問書にも事実を記載しますが、それだけでは足らないケースがほとんどです。

法令違反はあったが真摯に反省して、今後は真面目に生活していく旨などを述べ、入管に審査してもらいます。

上記のように、理由書は個々の事情に合わせて、入管に申請する理由を述べるものです。

理由書記載の方法

理由書記載方法

理由書の記載は、特に決められていません。

任意の様式で大丈夫です。

個々の事案に合わせて、質問書などでは記載が不足している部分を、厚く記載してください。

質問書に記載した結婚に至る経緯を補足し、申請人が日本で生活するのが妥当だと、入管に推量させられればいいと思います。

つまり、真の夫婦だから日本で一緒に暮らすのが当然だと、読んだ人が納得できる文章にすればいいのです。

嘘は書かない

虚偽記載

当サイトでは何度も述べていますが、嘘の記載はNGです。

二人で一刻も早く生活したいのは理解できますが、記載は正直にしてください。

嘘はいつかバレますし、バレた時には入管の印象は非常に悪くなります。

一般社会の生活と同じで、一度失った信頼は、取り戻すのに長い時間を要します。

その後に提出する書類も、初めから疑われてしまうなど、不利益は大きいものです。