日本に在留している外国人の方が、一時的に日本から出国する場合は、事前に再入国許可申請の手続をすることにより、再度の入国が容易にできるようになります。

なぜなら、外国人が日本から出国すると、原則在留資格も同時に消滅してしまうため、再度入国する際には、新たな査証申請手続きをとらなければならないからです。

再入国許可を取得していると、再度の上陸後は従前の在留資格及び在留期間が継続しているものとみなされます。

再入国許可には1回限り有効のものと、有効期間内であれば何回も使用できる数次有効のものの2種類があります。

有効期間は、現に有する在留期間の範囲内で5年間(特別永住者の方は6年間)を最長として決定されます。