日本国憲法は信教の自由を認めていますので、帰化をするに当たって信仰は問題になりません。

ただし、信仰されている宗教団体が国家を暴力で破壊する等の思想を持っている、あるいは、そのような主張をする団体の場合は、憲法遵守条件に該当しないと考えられます。

実際に何らかの危険な活動を行っている場合には、素行条件も非該当になるでしょう。