生計条件を満たす基準という意味です。

年収については、特に明確な定めはありません。

 

生計を営むのに問題ない程度あれば、大丈夫です。

世帯によって異なります。

世帯状況によっては月額15万で生活が成り立つ場合がありますし、月額30万ないと厳しい家庭もあるでしょう。

 

ただ、あまりに少なすぎると、やはり厳しいです。

将来的に生活保護受給になるような方は、日本国の税金支出が増加しますので、その辺りも考慮されます。

 

その他、現在は扶養者がいて元気だが高齢である、扶養者である夫と離婚を控えているなど、将来的に生計が成り立たなくなる可能性がある方も、注意が必要です。

要件を満たしているかどうか不安な方は、動機書を丁寧に書くなどの配慮が必要でしょう。