帰化する者が15歳以上であれば本人です。

15歳未満であれば、親権者など法定代理人が行います。

我々行政書士は申請をサポートする形になり、面接等は本人が出頭して受けていただく必要があります。