兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。

Q 帰化申請を依頼した場合、領事館で韓国戸籍も取得してくれますか?

韓国戸籍の方が日本に帰化する場合には、領事館での証明書を取得しなければなりません。

申請書などはハングルで書いてある領事館などがあり、担当者の指示でハングルで申請書を記載してくださいと言われることがあります。

ハングルの読み書きができれば問題ありませんが、特別永住者の方などは日本で生まれ育っておられると全くハングルがわからない方は多いものです。

 

我々行政書士が帰化申請のご依頼を受任した場合は、もちろん領事館での証明書取得を代理で行います。

基本証明書、除籍謄本、家族関係証明書、婚姻関係証明書、親養子入養関係証明書など、全て代理取得できます。

もちろん、委任状は頂きます。

 

取得した証明書には日本語での翻訳が必要ですから、翻訳も手配いたします。

なるべく依頼者の手間を省けるように、行政書士側でできることはするものです。

 

ただし、最終的な申請はご本人のみができます。

法務局でのヒアリングも、ご本人のみで、行政書士は立ち会えません。

行政書士の役割は、各種証明書を取得して、申請書類を作成するところまでです。

また、動機書の案は作成できますが、本人が自筆しなければなりません。