法務局に事前相談に行き、何らかの事情で申請をしても不許可になる旨を告げられたケースです。

そのまま申請しても許可されませんので、指摘された事情に対応する必要があります。

例えば、納税義務等をはたしていない場合は、申請前に過去に遡って納税します。

自営業者であれば、確定申告を遡って行うことになります。

まずは、指摘事項を吟味に、対処することです。