家族全員で帰化しなければなりませんか?

家族全員でしたほうが望ましいですが、別々に帰化することも可能です。

Q どの程度の日本語能力が要求されますか
小学校1、2年程度の国語力があれば大丈夫です。

Q 許可が下りるまでの期間は?
個人差はありますが、おおむね申請してから6~8ヶ月程度とお考えください。中には、1年以上かかるケースもございます。
これに、書類を集めて申請するまでの期間を加えて、帰化許可申請のプランを練るといいと思います。

Q 動機書だけを書いてもらうことはできますか?
はい。できます。
動機書だけを書かせていただくことも可能ですし、ご自分で書かれた動機書を添削させていただくことも可能です。
当事務所の報酬も、それに応じて変わってきます。

Q 事業をしていると帰化申請が複雑だと聞いたのですが
どこかの企業に雇用されている方と比べますと、集める書類が変わってきます。
書類が多くなりますので、複雑になると言われたのでしょう。
経営されている1つの事業ごとに、書類が必要になってきます。
事業経営にお忙しい方が、必要書類を全て集めて、申請書類を作成するのは大変だと思います。

Q 先生に依頼すれば、帰化申請の全てをしていただけるのですか?
書類の提出は本人がしなければなりません。
書類作成や、必要書類の収集等をサポートさせていただきます。
しかし、通常何度も法務局に出向かなければなりませんが、提出と面談の際等、絶対に本人が行かなければならない場合に行っていただけれ大丈夫です。

Q 法務局の面談に立ち会ってもらえますか?
通常、本人以外は面談室には入れません
ですから、面談は1対1で行っていただく必要があります。