自賠責保険の時効は、原則として2年です。

2年を過ぎると時効を主張される可能性がありますので、注意が必要です。

しかし、任意保険会社が関与している場合は、まず時効は考えなくてもよいと思います。

任意保険会社の担当者と定期的にやりとりを行っていれば、時効は中断されていると考えられるためです。

心配であれば、自賠責保険の時効中断手続もありますので、書類を提出されることです。

当方が扱ったケースでは、自賠責保険のみに請求で2年を経過していましたが、時効を主張されずに申請を受け付けてくれたこともありました。