原則として、自賠責保険の被害者請求をご依頼いただいた方へのサービスの一環として医療同行を行っています。

というのも、症状固定までの受診状況や医師や保険会社とのやりとりを把握し、ご本人の症状の変化まで把握して行うものなため、いきなり同行だけというのは難しい面があります。

また、全体を把握していない人間が同行しても、大して役に立てない可能性があります。

そのため、ご依頼いただく場合は早めをお勧めしていますし、実際にご依頼いただく方も症状固定前の受診中からが多いです。