これもよくあるご質問です。

弁護士や別の行政書士に後遺障害認定を依頼したが、専門職が医療同行等のやりとりをしてくれないので、当方にご相談があります。

専門職の先生によっては、14級事案程度であれば医療同行を行わないケースが多いです。

被害者にとっては、14級の神経症状であっても大変につらく、何としてでも認定を受けたいものです。

お気持ちはよく理解できます。

例えば弁護士に依頼しており、後遺症認定のみを行政書士に依頼したいと相談すれば、上手く役割分担ができるケースがあります。

しかし、依頼した専門職が後遺症認定もサポートすることになっていると、同行のみ当方が行うのは難しいと思います。

その場合は、まずは依頼された専門職にご相談いただく必要があります。

了解されれば当方が同行できますが、そうではない場合は、委任関係を終了させてから、改めて当方にご依頼いただくことになります。