兵庫・大阪で在留資格(ビザ)申請や帰化・永住許可申請代行なら!就労ビザ・結婚ビザ・家族滞在など全てお任せください。

留学生が退学して結婚ビザ申請

留学生の退学

日本に来る留学生が増加するにつれて、日本人と結婚する留学生は増えています。

学生同士の結婚はそれほど耳にしませんが、留学生のアルバイト先で知り合った日本人と結婚するケースは、多いものです。

前提として、留学生が結婚しても、日本人配偶者ビザに変更する必要はありません。

そのまま留学生として学校を卒業した後に、変更しても構いません。

ただし、留学生が退学して結婚ビザ申請を行うケースでは、注意が必要です。

あるいは、退学した後に結婚したケースも、審査が厳しくなります。

なぜなら、

「学校に行くのが嫌になったから結婚したのでは?」

「留学ビザが更新できないので、滞在目的で結婚したのでは?」

などと、疑われやすいからです。

交際に至る経緯・証拠を準備

新婚ビザは

前述の場合では、二人が交際に至った経緯から結婚して生活を開始するまで、しつかりと立証する必要があります。

各種書類に矛盾がないように、慎重に確認するようにしてください。

学校での成績や出席率、アルバイトでオーバーステイなどがなかったかどうかも、審査されます。

成績や出席率が悪い場合は、それこそ更新申請が通らないから結婚ビザに変更しようとしているのでは、と勘繰られます。

そのため、学業成績や出席は重要です。あえて配偶者ビザに変更しなくても留学ビザが更新できるくらいだと、安心です。

また、学校を卒業して特定活動ビザで就職活動中に結婚した場合も、同様です。

この場合は、

「就職先が見つからないから、結婚したのでは?」

「就労目的の結婚では?」

と疑われやすいです。