•注意が必要なのは、在日親族と在外親族を区別して記載することです

•申請者ごとに作成する必要はなく、1通で足ります

•親族の範囲は、申請していない同居の親族のほか、配偶者、申請者の親・子・兄弟姉妹・配偶者の両親・内縁の夫(妻)・婚約者です

•親族については死亡者も記載します。

 

2